読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windfall Blog

ヨーロッパのアンティークと雑貨のお店、ウインドフォールのブログです。

2016年夏の買い付けノート - [ 3 ]

 f:id:windfallantiques:20160819161339j:plain

 

 

もう残暑と呼ばれる時期ですが、むしろ今が一番夏って感じの暑さですよね…。

暑いのが苦手なので毎日つらいです(^△^;)

 

みなさまも熱中症には十分ご注意ください。

 

 

f:id:windfallantiques:20160819161744j:plain

 

f:id:windfallantiques:20160819165049j:plain

 

 

この日はイギリス買い付けのメインイベント、ニューアークアンティークフェアへ。

 

朝5時30分に起きて、キングスクロス駅からナショナルレイルで向かいました。

少し早く着いたので駅の中にあるスーパー、Waitroseで朝ご飯を買って列車に乗り込みます。

 

 

 

ニューアークまでは2時間ちょっと。

車窓から景色を眺めているとすぐです。

 

現地に到着後はバスに乗り換え、そのままフェアの会場へ移動します。

 

 

f:id:windfallantiques:20160819165831j:plain

 

f:id:windfallantiques:20160819165907j:plain

 

 

入り口から入ってすぐのところ。

みんなキャリーケースを持って、買う気満々ですね!

 

 

f:id:windfallantiques:20160819170109j:plain

 

f:id:windfallantiques:20160819170528j:plain

 

 

天気も曇ってはいますが、この日は雨は降らないみたいなのでじっくり見れます。

 

ですが、写真の服装を見てもわかる通りかなり寒いです。

僕は寒さには比較的強い方ですが、6月ということもありそこまで重装備で来ているわけでははないためなかなかキツイです…。 

 

会場はかなり広く、寒さのせいもありすべてを回りきることは出来ませんでした。

 

 

f:id:windfallantiques:20160819170617j:plain

 

f:id:windfallantiques:20160819170827j:plain

 

 

なのでこういった屋内のエリアを中心に…といきたいところですがやはり屋内より屋外の方が掘り出し物が多く、屋外を見つつ寒くなったら屋内へ避難といった感じでうろうろしてました(笑)

 

値段はやや高めでしたがやはり屋内のストールはいいものを扱っているところが多く、見ているだけでも勉強になります。

 

 

f:id:windfallantiques:20160819171031j:plain

 

 

ちょっと気になったもの。

まさか本物…?

 

本物だとしたらこういうのって輸入してもいいんでしょうか。

もし買うなら、事前にそのへんも調べておかないとですね*1

 

 

f:id:windfallantiques:20160819175614j:plain

 

 

こんなものも売ってました。

金色のゾウに仏像の頭にカラフルな犬。

こういうの、どこに飾るんだろう…。

 

 

 

f:id:windfallantiques:20160819175842j:plain

 

 

厩舎らしき場所にもストールがありました。

らしき、というか間違いなく厩舎です。動物のにおいがすごかったです。

 

におい…商品に移らないのかな(笑)

 

 

 

牧場みたいなところが会場だったんですが、フェアが開催されているときは動物はどこかに移動させるんでしょうか。

フェアが終わったら戻すのかな…。

 

それもなかなか大変そうですよね。

 

 

 

 

f:id:windfallantiques:20160819181448j:plain

 

 

ニューアークの駅。

帰りの列車が遅延で、乗る予定だった列車に乗れず別のに乗りました。

イギリスは列車の遅延とかキャンセルが多いので結構大変です。

 

 

 

f:id:windfallantiques:20160819202359j:plain

 

 

ロンドンに戻ってホテルに荷物を置いたのは19時頃。

この時期のヨーロッパは19時過ぎでも昼間みたいな明るさです。

 

せっかくなのでホテル近くのパブへビールを飲みに行きました。

 

 

f:id:windfallantiques:20160819202656j:plain

 

f:id:windfallantiques:20160819202705j:plain

 

 

イギリスのパブはお気に入り。

ひとりで入りやすいし、1杯だけ飲んですぐ出ていくとか気軽に出来るので。

 

 

f:id:windfallantiques:20160819203736j:plain

 

 

こちらがメニュー表。

料理の価格はロンドンにしては普通ですが、日本円で考えるとやはり高いです…。

 

2016年8月現在の為替ならまだマシですが、僕が行ったときは1ポンド160円だったので11.95ポンドの料理だと2000円近くになるので(><;)

 

しかも一品ではおなか一杯にならないのがつらいです(笑)

 

 

 

読んでいただきありがとうございました!

それでは、また次回(^。^)

 

 

 

ウインドフォール | イギリス・ベルギー・オランダなど、ヨーロッパのアンティークと雑貨のお店

 

*1:+_+