Windfall Blog

ヨーロッパのアンティークと雑貨のお店、ウインドフォールのブログです。

2015年秋の買い付けノート - [ 3 ]

f:id:windfallantiques:20160221172124j:plain

 

 

宿泊していたB&Bから駅までのフットパス。

車が通らないのでのんびり歩けます。信号もなく駅まで一本道なのでとても便利。

 

この道も夏に来たら全く違う印象を感じそうです。夏にまた来たいですね。

 

 

 

さて、この日はチェルトナムの駅から電車に乗りロンドンへ。

行きと同じく乗り換えなしの電車を予約していたんですが、駅に着いて電光掲示板を見ると「Canncelled」の文字が…。

 

駅員さんに確認すると、あと20分くらいで到着するCross Countryの車両に乗ってBristol Parkway駅で乗り換えてくれとのこと(イギリスは国鉄が民営化されてるのでいろいろな会社の電車が走ってます)。

チケットはGWRのだけど違う会社の電車乗っていいのかな~とか思いましたが、たぶん大丈夫でしょう…。

 

 

多少ドキドキしながら電車に乗りBristol Parkwayでなんとか乗り換え完了。

ていうか走らないと間に合わないくらい乗り換え時間が短かったんですが…。

みんなが走って行くから後を着いて行って正解でした。

 

こういうのも良い経験だけど、やっぱり乗り換えなしの電車に乗りたい…なんだか落ち着かないので(笑)

 

途中この電車本当にロンドン行くのかなぁと心配になりましたが、無事ロンドンに戻ってこれました(∩´∀`)∩

初めて乗る電車ってどっち向かってるのかまったくわからないから不安になりますよね。

 

 

f:id:windfallantiques:20160221161438j:plain

 

 

地下鉄の車内。ロンドンの地下鉄は乗り方もわかりやすいしスーツケースを持った人用のスペースもあるのでけっこう快適です。

 この時点で夕方だったので、宿泊予定のB&Bに移動してこの日は終了。

 

 

 

翌日、ウィンブルドンのカーブーツセールに行こうと朝早く起きたんですが、場所を間違えたみたいで軽く迷子。いや、かなり迷子に(^△^;)

どうやらWinbledon Stadium Car Parkへ行かなければいけないのに、Winbledon Parkへ来てしまったようです。凡ミスですね。

 

しかもけっこう強い雨も降ってきて弱り目に祟り目。

びしょ濡れで住宅地をうろうろする変な人になってました…。

 

節約のために今回はレンタルのWi-Fi ルーターは借りるのをやめたんですが、スマホで地図が見れるとこういうことは起こりにくいですよね。次は借りるべきか。

 

 

大雨の中1時間以上さまよって心が折れたので、この日はカーブーツへ行くのを諦めてカムデンに行きました。

 

 

f:id:windfallantiques:20160221161716j:plain

 

 

週末なのでなかなかの人だかり。

駅を出て、みんなが向かう方向に付いていくとカムデンロックに着きます。

 

 

f:id:windfallantiques:20160222022138j:plain

 

 

マーケットはこの運河のとなりにあります。

カムデンロックの「ロック」というのは水門みたいになっている部分のこと。

水位の異なる運河や水路の間で船を上下させるための装置だそうです。

日本語では閘門(こうもん)というそうです。

 

 

f:id:windfallantiques:20160221162434j:plain

 

 

カムデンロックマーケットの入り口。

 

それにしてもイギリスの人は傘を差さないです。特に男性は。

けっこう強い雨なのにみんな上着についているフードでしのいでるんですよね~。

もちろん差す人もいますが比率で言ったら7:3で差さない人の方が多かったです。

 

上記3枚の写真を撮った時もそれなりに降ってたんですよ。

 

でもこの時期のロンドン、というかヨーロッパは本当に雨がよく降るので、いちいち傘なんて持ち歩いていられないのかもしれません。

服に付いてるフードなんて日本ではほとんど飾り感覚で使いませんが、こっちでは頻繁に使うものなんだな~と思いました。

 

 

f:id:windfallantiques:20160221163330j:plain

 

 

ここは観光地なのでほとんど買い付けにはならないだろうな~と思っていたんですが、それなりに安くていいものもあったりして、勉強になりました。

 

カムデンは初めて来たんですがアンティークは全体のほんの一部で、服や雑貨、食べ物などなんでも売っていて見て回るだけで楽しいので、ロンドンに来たらぜひ訪れてみてください(^^)

 

 

 

 

さて、翌日はウィンブルドンにリベンジ。

 

 

f:id:windfallantiques:20160221164254j:plain

 

 

f:id:windfallantiques:20160221164417j:plain

 

 

今度は無事に着きました(笑)

 

ウィンブルドンのカーブーツセールは毎週水曜・土曜・日曜に開催しています。

ロンドンでもわりと大きめのカーブーツだけあって出店数も多く、じっくり見ているといつのまにか3時間ほど経っていました。

 

 

なかなかいいものが買えたので、次の目的地に移動。

 

 

 

 

f:id:windfallantiques:20160221165112j:plain

 

 

こちらもカーブーツ。

バターシーというところで開催されています。

ウィンブルドンからバス1本で来れる上に、午後から始まるのでハシゴしやすいです。

 

とはいえ、初めて来たので例によって多少迷いましたが(汗)

 

 

f:id:windfallantiques:20160221165241j:plain

 

 

学校の駐車場を使っているのでウィンブルドンよりは規模が小さいですが、それでも見ごたえあります。

今回はこちらの方が収穫がありました。

 

カーブーツセールは基本的に屋外で行われるので、雨が降ったら早めに店じまいしてしまうことがほとんど。

この日も空は曇っていましたが雨は降らなかったので、無事に2つのカーブーツをじっくり見て回れて良かったです。

 

 

そう考えると前日に迷ってウィンブルドンに行けなかった時は大雨だったので、結果的に良かったのかも…とポジティブに考えておきます(笑)

 

 

 

 

 

おまけ。

前から行ってみたかったテートブリテンに行ってきました。

 

 

f:id:windfallantiques:20160221170718j:plain

 

 

f:id:windfallantiques:20160221170727j:plain

 

 

すごく広いので何時間でも過ごせます。

特にターナーの作品数が多いので、好きな方は必見。

ヨーロッパの美術館は撮影OKのところが多いのでうれしいですね。

 

併設されているカフェも評判通りですごく良かったです。

(ロンドンにしては)良心的な価格でおいしい紅茶や食事がいただけてオススメ。

 

 

例によってここに行くときも迷い(以下略)

 

 

ウインドフォール | イギリス・ベルギー・オランダなど、ヨーロッパのアンティーク&雑貨店