Windfall Blog

ヨーロッパのアンティークと雑貨のお店、ウインドフォールのブログです。

古物商許可証を取得しました!

f:id:windfallantiques:20160217161854j:plain

 

 

以前申請した古物商の許可が降りたと連絡をもらったので、警察署に古物商許可証を受け取りに行ってきました。

 

なにもしてないですが警察署はなんとなく緊張しますね…(^.^;)

 

 

オープン後の取得になりましたが、海外で購入した古物を販売する分にはこの古物商の許可は不要なんです。

なので今すぐ必要というわけではなかったんですが、今後国内の業者さんから仕入れる可能性もあるかもしれないし、必要はなくても「古物」を扱う以上お客さんからしたら許可証があった方が安心感があるだろうなと思い申請しました。

 

 

 

 

この古物商許可証、思っていたよりは簡単に取得出来たんですがちょっと書類を揃えるのが面倒です…。

 

まず警察のウェブサイトでダウンロードできる古物商の申請書(3枚)

誓約書略歴書も必要なのでいっしょにダウンロード。

あとはネットショップの場合はウェブサイトが存在することを証明する書類。これはプロバイダやショッピングカートの会社に頼んでもいいみたいですが、下記のようなサイトでWHOIS情報を表示して、それを印刷するのでもOK。

Whois検索 - お名前.com

 

上記の書類に加えて、役所で住民票身分証明書も必要です。住民票は本籍が記載されているものじゃないとダメです。

僕は省略したものを持って行ってしまってもう一度役所に行きました(^o^;)

 

最後に法務局で登記されていないことの証明書を発行してもらい、提出書類コンプリート。

全部で9枚…多いよ~。

 

 

これはあくまでネットショップの申請の場合で、実店舗がある場合は他にも書類が必要です。

こういうことに慣れていないとなかなか大変ですが、わからないところがあっても警察の方が教えてくれます。

僕は書き方に迷ったところは空欄にして持っていって、警察の方に聞きながら記入しました。

 

しかもネットでダウンロードした申請用紙が東京都のもので、愛知県はまた書式が違うと言われ全部書き直しました。都道府県それぞれで書式が違うのね…。

ええ~全国共通のフォーマットじゃないの…と思いましたが(笑)

 

 

 

あとは申請費用が19,000円と諸費用がかかるので、気軽には取れませんね。

40日以内に発行とのことでしたが、3週間しないくらいで許可証が届きました。

 

ともあれ、これで国内での仕入れもできるようになりました。

今のところ国内仕入れの予定はありませんが、そのときはまたブログでご案内しますね(^^)

 

 

ウインドフォール | イギリス・ベルギー・オランダなど、ヨーロッパのアンティーク&雑貨店