Windfall Blog

ヨーロッパのアンティークと雑貨のお店、ウインドフォールのブログです。

2015年秋の買い付けノート - [ 2 ]

f:id:windfallantiques:20160215113639j:plain

 

 

朝ホテルで朝食を食べ、パディントン駅へ。

この駅ってどこがメインエントランスなんでしょうか?

イギリスに限った話じゃないですが大きい駅っていくつもエントランスがあるからよくわかりません。

 

パディントン駅では日本で予約済みのコッツウォルズ行きチケットの受け取りと、オイスターカードを購入しました。

 

 

f:id:windfallantiques:20160215114136j:plain

 

 

オイスターカードはロンドンの交通カード。SUICA的なやつです。

これ1枚で地下鉄やバスもちろん国鉄やフェリーなどにも使えるカードで、ロンドンを移動するならほぼ必須です。

 

地下鉄の料金はチケットを都度購入すると4.8ポンドするんですが(2015年時点では)、オイスターカードなら2.3ポンドしか引かれません。

更にロンドンのバスは現金では乗れないので、オイスターカードかトラベルカードがないと乗ろうとしても拒否されます。

 

日本からでも買えますが、送料が結構高いので僕は現地で買いました。

オイスターカードとトラベルカードについてはロンドンナビさんのサイトをご覧ください。

 

 

 

いったんホテルへ戻り、荷造りとチェックアウトを済ませてまたパディントン駅へ。

電車でロンドンの西、コッツウォルズの端にある町チェルトナムへ移動。

 

 

f:id:windfallantiques:20160215120406j:plain

 

 

途中で停車したストラウドの駅。ファーマーズマーケットが有名なところで、ここもいつか行ってみたいです。

 

イギリスの電車はWi-Fiが飛んでいることもあり、なかなか快適。この電車でも無料のWi-Fiが使えました。

車窓に流れるコッツウォルズの景色も素晴らしいので、移動時間はあっという間でした。

 

 

 

2時間後コッツウォルズの駅に到着し、宿泊するB&Bへ移動…と思ったら詳しい場所調べてなかったことに気付き、仕方なく駅のそばにあるカフェへ(^^;)

ロンドンの宿でもこれやりましたね…。

 

カフェのWi-Fiで宿の場所を調べて、無事宿に到着。

荷物を置いてチェルトナムの町をぶらぶら歩きました。

 

 

f:id:windfallantiques:20160215121914j:plain

 

 

チェルトナムは保養地として有名な町で、大きいバスのターミナルもあったりするのでコッツウォルズ観光の拠点としても使われています。

この町自体にはそんなに見どころはないんですが、のんびりしたいいところです。

 

 

f:id:windfallantiques:20160215125139j:plain

 

f:id:windfallantiques:20160215125152j:plain

 

f:id:windfallantiques:20160215125159j:plain

 

 

夏に来たらもっと人も多くて景色もきれいなんでしょうね。

この町には日本人留学生も多いそうですが、日本人どころかアジア人らしき人すら滞在中はほぼ見かけなかったです…オフシーズンだから?関係あるのかな(笑)

 

 

 

初日はチェルトナムの町をぶらぶら観光して終わり、翌日は観光と買い付け目的でグロスターとサイレンセスターへ。

どちらもチェルトナムから近く、行きやすいです。

 

 

f:id:windfallantiques:20160215125923j:plain

 

f:id:windfallantiques:20160215130538j:plain

 

 

ロスターの町。この通りから路地を抜けると…。

 

 

f:id:windfallantiques:20160215130551j:plain

 

 

大聖堂があります。

11世紀後半からある非常に歴史のある建造物だそうです。

 

ハリーポッターの1作目と2作目に登場するホグワーツ魔法学校の廊下として使われたことでファンもよく訪れるそう。

 

このときはまだ朝だからか、やはりオフシーズンだからかほとんど観光客の姿は見かけませんでした。

 

 

f:id:windfallantiques:20160215131013j:plain

 

f:id:windfallantiques:20160215131140j:plain

 

 

回廊はさすがの迫力。その回廊に面した中庭もきれいでした。

 

 

 

観光もほどほどに済ませて、お目当てのグロスターアンティークセンターへ向かったのですが、営業していませんでした。

ちゃんと営業日と時間を確認したので定休日ではなかったはずですが理由はわからず。

 

けっこう大きいところだったので、楽しみにしていたんですが残念。

 

 

f:id:windfallantiques:20160215131643j:plain

 

 

雨も降ってきたので早々にグロスターからチェルトナムに戻り、次の目的地サイレンセスターへ移動しました。

 

 

f:id:windfallantiques:20160215131935j:plain

 

 

チェルトナムからサイレンセスターへのバスの乗り場が見つからず、けっこう時間がかかったので到着したのは夕方でした(^^;)

この町のアンティークセンターはちゃんと営業していたので、ここで初の買い付け。

やはりというかなんというか、ビビって20ポンドくらいしか使いませんでした(笑)

 

 

f:id:windfallantiques:20160215132340j:plain

 

 

サイレンセスターで見かけた地図の自動販売機。

"ONLY £2"って、400円弱…けっこう高いぞ!イギリス人的には200円くらいの感覚なんでしょうか。

 

少量とはいえ無事に初の買い付けも出来て、時間も午後5時を過ぎあたりも真っ暗になったので、バスでチェルトナムに戻りました。

 

 

 

 

明日は午後からロンドンに戻るため、コッツウォルズ観光はこれで終わり。

 

本当はもっとゆっくりコッツウォルズ中心部の有名な町なんかも見て回りたかったんですが、コッツウォルズは広くいくつもの町や村が点在しており、見どころを回るならレンタカーを借りるか、ツアーに参加した方がいいそうです。

 

僕が今回コッツウォルズに来た理由は、過去2回イギリスに来たにも関わらずコッツウォルズには来たことがなかったので、とりあえず一度来てみたかったからです(笑)

それでいて出来れば買い付けもしたかったので、こんな中途半端な感じの観光に。

今回はこれで十分。

 

本格的なコッツウォルズ観光はまた余裕が出来たときに…来れたらいいなー。

 

 

 

 

f:id:windfallantiques:20160215135202j:plain

 

 

チェルトナムで見かけたロビン(ヨーロッパコマドリ)。

すごく鳴き声がきれいでした。

 

 

ウインドフォール | イギリス・ベルギー・オランダなど、ヨーロッパのアンティーク&雑貨店