読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windfall Blog

ヨーロッパのアンティークと雑貨のお店、ウインドフォールのブログです。

2016年夏の買い付けノート - [ 3 ]

イギリス 買い付けノート - 2016

 f:id:windfallantiques:20160819161339j:plain

 

 

もう残暑と呼ばれる時期ですが、むしろ今が一番夏って感じの暑さですよね…。

暑いのが苦手なので毎日つらいです(^△^;)

 

みなさまも熱中症には十分ご注意ください。

 

 

f:id:windfallantiques:20160819161744j:plain

 

f:id:windfallantiques:20160819165049j:plain

 

 

この日はイギリス買い付けのメインイベント、ニューアークアンティークフェアへ。

 

朝5時30分に起きて、キングスクロス駅からナショナルレイルで向かいました。

少し早く着いたので駅の中にあるスーパー、Waitroseで朝ご飯を買って列車に乗り込みます。

 

 

 

ニューアークまでは2時間ちょっと。

車窓から景色を眺めているとすぐです。

 

現地に到着後はバスに乗り換え、そのままフェアの会場へ移動します。

 

 

f:id:windfallantiques:20160819165831j:plain

 

f:id:windfallantiques:20160819165907j:plain

 

 

入り口から入ってすぐのところ。

みんなキャリーケースを持って、買う気満々ですね!

 

 

f:id:windfallantiques:20160819170109j:plain

 

f:id:windfallantiques:20160819170528j:plain

 

 

天気も曇ってはいますが、この日は雨は降らないみたいなのでじっくり見れます。

 

ですが、写真の服装を見てもわかる通りかなり寒いです。

僕は寒さには比較的強い方ですが、6月ということもありそこまで重装備で来ているわけでははないためなかなかキツイです…。 

 

会場はかなり広く、寒さのせいもありすべてを回りきることは出来ませんでした。

 

 

f:id:windfallantiques:20160819170617j:plain

 

f:id:windfallantiques:20160819170827j:plain

 

 

なのでこういった屋内のエリアを中心に…といきたいところですがやはり屋内より屋外の方が掘り出し物が多く、屋外を見つつ寒くなったら屋内へ避難といった感じでうろうろしてました(笑)

 

値段はやや高めでしたがやはり屋内のストールはいいものを扱っているところが多く、見ているだけでも勉強になります。

 

 

f:id:windfallantiques:20160819171031j:plain

 

 

ちょっと気になったもの。

まさか本物…?

 

本物だとしたらこういうのって輸入してもいいんでしょうか。

もし買うなら、事前にそのへんも調べておかないとですね*1

 

 

f:id:windfallantiques:20160819175614j:plain

 

 

こんなものも売ってました。

金色のゾウに仏像の頭にカラフルな犬。

こういうの、どこに飾るんだろう…。

 

 

 

f:id:windfallantiques:20160819175842j:plain

 

 

厩舎らしき場所にもストールがありました。

らしき、というか間違いなく厩舎です。動物のにおいがすごかったです。

 

におい…商品に移らないのかな(笑)

 

 

 

牧場みたいなところが会場だったんですが、フェアが開催されているときは動物はどこかに移動させるんでしょうか。

フェアが終わったら戻すのかな…。

 

それもなかなか大変そうですよね。

 

 

 

 

f:id:windfallantiques:20160819181448j:plain

 

 

ニューアークの駅。

帰りの列車が遅延で、乗る予定だった列車に乗れず別のに乗りました。

イギリスは列車の遅延とかキャンセルが多いので結構大変です。

 

 

 

f:id:windfallantiques:20160819202359j:plain

 

 

ロンドンに戻ってホテルに荷物を置いたのは19時頃。

この時期のヨーロッパは19時過ぎでも昼間みたいな明るさです。

 

せっかくなのでホテル近くのパブへビールを飲みに行きました。

 

 

f:id:windfallantiques:20160819202656j:plain

 

f:id:windfallantiques:20160819202705j:plain

 

 

イギリスのパブはお気に入り。

ひとりで入りやすいし、1杯だけ飲んですぐ出ていくとか気軽に出来るので。

 

 

f:id:windfallantiques:20160819203736j:plain

 

 

こちらがメニュー表。

料理の価格はロンドンにしては普通ですが、日本円で考えるとやはり高いです…。

 

2016年8月現在の為替ならまだマシですが、僕が行ったときは1ポンド160円だったので11.95ポンドの料理だと2000円近くになるので(><;)

 

しかも一品ではおなか一杯にならないのがつらいです(笑)

 

 

 

読んでいただきありがとうございました!

それでは、また次回(^。^)

 

 

 

ウインドフォール | イギリス・ベルギー・オランダなど、ヨーロッパのアンティークと雑貨のお店

 

*1:+_+

2016年夏の買い付けノート - [ 2 ]

イギリス 買い付けノート - 2016

f:id:windfallantiques:20160810154826j:plain

 

 

買い付けノート2回目はロンドン3日目から。

 

この日はカムデンパッセージへ。

ガイドブックにも載っている有名なマーケットですね。

 

 

f:id:windfallantiques:20160811013806j:plain

 

 

カムデンパッセージには地下鉄のエンジェル駅が最寄りの駅です。

カムデンって付くからカムデンタウンの近くかと思ったら、けっこう距離が離れているんですね。

 

 

f:id:windfallantiques:20160811014054j:plain

 

 

まわりはわりと普通に、落ち着いた住宅街といった感じ。

カムデンパッセージは駅から徒歩2~3分とすぐです。

 

下の写真の左側の一角がストールですね。

この日は到着したのが朝8時前で、まだ開店準備中でした。

 

 

f:id:windfallantiques:20160811014200j:plain

 

 

このあたりが入り口。

はじめて行ったんですが、思ったより規模が小さくてちょっとがっかり(笑)

ほんとに数えるほどしか店舗はなかったです。

 

このマーケットは毎週水曜日と土曜日に開催されており、僕は水曜に行ったんですがもしかしたら土曜日はもっとストールの数も多いのかもしれません。

 

でも、置いてるものはなかなか良かったです(^^)

本格的なお高めのアンティークよりも、当店で扱っているような気軽に買えるものが多かった印象を受けました。

 

そういったものがお好みであれば、散歩がてら覗いてみるのもいいかもしれません。

規模は小さいですが、すごく雰囲気の良い通りなので。

 

あ、でもストールはともかく路地沿いに店を構えるアンティークショップはそれなりの値段がすると思います(^-^;)

 

 

 

f:id:windfallantiques:20160811014633j:plain

 

f:id:windfallantiques:20160811014639j:plain

 

 

通りの途中にあったレストラン…パブ?

 

すごくいい感じで好みのお店でしたが、営業時間前のようで入れず。

朝やってないってことはやっぱりパブでしょうか。

 

次に訪れた時に営業していたらぜひ行ってみたいです。

 

 

 

f:id:windfallantiques:20160811014936j:plain

 

 

軽く見て回ったところで、前日に行ったマーケットで知り合った日本人のディーラーさんに誘っていただき、こちらのお店にお邪魔しました。

 

お茶をいただきながら、アンティークの話などを伺い昼過ぎくらい滞在させていただきました(^^)

興味深い話をたくさん聞けて、すごく勉強になりました!

 

 

 

 

 

f:id:windfallantiques:20160811015649j:plain

 

 

この日は午後は特に予定がなかったので、ぶらぶら観光に。

久し振りにウエストミンスターに来てみました。

 

観光地としてはベタですがすごく好きなところです。

 

地下鉄の駅を出たら目の前にビッグベンと国会議事堂が。

 

 

f:id:windfallantiques:20160811015944j:plain

 

 

圧巻の眺めですね~。

 

 

f:id:windfallantiques:20160811020001j:plain

 

 

この日も寒くて、みんなわりと厚着です。

6月なのに…日本ではもう半袖&ハーフパンツだったのに…。

 

でもロンドンでもこの時期にここまで寒いのはちょっと珍しいそうです。

最初はパーカー持っていけば十分かな~と思ったけど、ほんとにやや厚手の上着も持ってきてよかった。

 

 

f:id:windfallantiques:20160811020308j:plain

 

f:id:windfallantiques:20160811020318j:plain

 

f:id:windfallantiques:20160811020328j:plain

 

 

ぐるっと歩いて、対岸へ。

この日も天気悪いです。夕方までは持ってほしい。

 

 

f:id:windfallantiques:20160811020434j:plain

 

 

テムズ川沿いにあるロンドンアイの近くです。

さすがロンドンでも1、2を争う観光地(たぶん)。

平日でもすごい人の数です~。

 

値段が高すぎて&長蛇の列に並びたくなくて、僕はまだロンドンアイに乗ったことがないんですがどんな眺めなんでしょうね。

 

はじめてここに来たときは1ポンド=250円のときで、ロンドンアイの料金は確か20ポンドくらいだったような。日本円で4000~5000円くらいですね。

観覧車一つに5000円はちょっと…と思った記憶があります。

 

 

そしてこのブログを書いている今、料金を調べたら34ポンドになってました…。

めっちゃ値上がってますね~。

今は1ポンド=130円くらいでかなりお得なはずなんですが結局4500円くらいしますね。

 

本当、ロンドンはどんどん物価が上がっています。

 

 

f:id:windfallantiques:20160811021515j:plain

 

 

こちらはロンドンアイのすぐ傍にあるロンドンダンジョン。

ロンドン版のお化け屋敷といった感じらしいです。

例によって入場料高いのでまだ入ったことありません…(笑)

 

いつかロンドンアイと併せて、思い切って入ってみたいですね( *`ω´)

 

 

f:id:windfallantiques:20160811021808j:plain

 

f:id:windfallantiques:20160811021821j:plain

 

 

まわりをぶらぶらした後、前回も行ったテートモダンにも寄りつつサブウェイでちょっと早い晩ごはんを済ませました。

 

翌日は待ちに待ったニューアークアンティークフェアで早朝起きなので、早めに宿に帰って移動の下調べと、荷物の整理をして備えます。

 

 

f:id:windfallantiques:20160811021831j:plain

 

 

地下鉄の路線図の一部です。

今回ホテルを取ったアールズコートはここから乗り換えなしの7駅。

 

パディントン駅、ヴィクトリア駅、キングスクロス駅など主要の駅にも1本で行けるので観光にもかなり便利な場所なので、ロンドンの拠点としておすすめですよ(^o^)

 

 

f:id:windfallantiques:20160811021837j:plain

 

 

 

ウインドフォール | イギリス・ベルギー・オランダなど、ヨーロッパのアンティークと雑貨のお店

 

2016年夏の買い付けノート - [ 1 ]

イギリス 買い付けノート - 2016

 f:id:windfallantiques:20160802181148j:plain

 

 

こんにちは!

久し振りのブログ更新になってしまいました…。

 

遅くなりましたが、6月に行った買い付けについて書いていこうと思います。

 

 

今回は何年か振りにJALに乗っていきました。

国内なら何度も乗っているんですが、やっぱり海外だと割高に感じて避けていたんですよね。

 

 

 

JALはエコノミーの座席が広いと聞いていたんですが、確かに他の航空会社に比べてちょっと広かったです。

もちろんそんなに劇的には変わりませんけど、長時間乗るので少しでも広いと楽ですね。

 

機内ではズートピア神々の山嶺を見ました。

どちらも見たかった映画。楽しく機内での時間を過ごせました(^^)

 

 

f:id:windfallantiques:20160802181141j:plain

 

f:id:windfallantiques:20160802182650j:plain

 

 

こちらは機内食

1回目はわりと普通でしたが、2回目はスープストックトーキョーでした。

 

機内食でスープというのも新鮮ですね。

2回目の機内食はもうあと1、2時間で到着というころで寝起きだったりするので、あたたかいスープは本当においしく感じました。

 

 

 

 

f:id:windfallantiques:20160802183149j:plain

 

 

そしてロンドン、ヒースロー空港へ到着。

今回のフライトはすごく快適で、あまり長く感じませんでした。

 

次からも出来ればJALANAで行きたいなぁ。

 

 

f:id:windfallantiques:20160802183850j:plain

 

 

今回も、前回続きヒースローコネクトで市内へ。

ヒースロー空港からロンドン市内へ向かうにはいくつか方法がありますが、コストパフォーマンスを考えるとヒースローコネクトがベストな気がします。

 

 

30分ほど電車に乗って、パディントン駅へ到着。

ここで日本から予約しておいた電車のチケットの受け取りと、オイスターカードに50ポンドほどチャージ。

 

そのまま今回ホテルを取ったアールズコートへ向かいました。

 

 

f:id:windfallantiques:20160802184700j:plain

 

 

無事ホテルにチェックイン。

今回は駅から徒歩3分ほどの立地の良いホテルを取りました。

 

しかし、さすがロンドン…部屋が狭いです(^。^;)

 

買い付けした荷物をダンボールに詰めるの苦労しそう…。

 

 

 

f:id:windfallantiques:20160802185152j:plain

 

f:id:windfallantiques:20160802185701j:plain

 

 

翌日はさっそく買い付け。

 

 朝6時頃ホテルを出て地下鉄で国鉄の駅に乗り換え、ロンドンからやや離れた場所にある競馬場で開催されているマーケットへ行きます。

 

このマーケットは朝6時半からやっているそうで本当はもっと早く行きたいんですが、電車だとこれくらいの時間からしか始発が出ていないので仕方ありません。

 

 

電車の中では何人か日本の方もいて、この電車で知り合ったディーラーさんに今回の買い付けではとてもお世話になりました。

 

 

f:id:windfallantiques:20160802185845j:plain

 

 

朝8時頃現地に到着。

はじめて来たんですが駅から歩いてすぐの場所にあり、迷うことはなかったです。

 

 

f:id:windfallantiques:20160802190333j:plain

 

f:id:windfallantiques:20160802190342j:plain

 

 

マーケットは屋内だけではなく屋外にもストールがあり、屋内は小物、屋外は家具中心といった感じでした。

 

 

それにしてもこの日は非常に寒く、長袖のTシャツにウィンドブレーカーという恰好では寒さをしのげず外ではずっと震えていました(^△^;)

 

日本ではもう半袖で過ごしており、ロンドンはもっと寒いだろうと思って長袖に加えて上着まで持ってきてこれで万全!と思っていましたが予想以上でした…。

現地ではまだダウンジャケットを着てる人もいました。

 

 

 

とはいえ今回の買い付け1発目です。

寒いとはいえ頑張っていいものを探さないと!

 

と思っていたら30分もたたないうちに大雨に(-_-;)

まあ、雨が降りそうだということは予報でわかってはいたんですが…もうちょっと持ってほしかったー(笑)

 

 

f:id:windfallantiques:20160802191027j:plain

 

 

とても屋外のストールを見ていられる状況ではないので屋内のマーケットへ移動。

そのせいで屋内のマーケットは大混雑でした(笑)

 

いくつかいいものは見つかりましたが、やはり屋外をまともに見れなかったので数としてはあまり買えませんでした。

 

 

前回もそうでしたが天候ばかりはどうにもなりませんね。

でも、今回は天気予報を見る限り雨は前半だけのようなのでそこを乗り越えれば…気に悩まされることはなさそうなので、めげずに頑張ります!

 

 

 

 

ウインドフォール | イギリス・ベルギー・オランダなど、ヨーロッパのアンティークと雑貨のお店